30代女性の悩みは口臭だった!?口の中から異臭がする!その原因とは?

いっぱい存在する口臭対策、口臭予防の方法があるけど、その中でも特に重要なのは、「歯磨き」だと考えられます。
歯みがきは、口の中を直接きれいにするという、非常に簡潔な口臭対策と言っていいでしょう。
ただ、この歯磨き、実は口臭予防における落とし穴だと言ってもいいでしょう。

簡単で難しい?それが歯磨き


誰もが毎日こなしている事なので、その方法は誰もが知っているという事で、特別な対策として考えない人がたくさんいらっしゃるのです。

 

日常の中で習慣化しているということは、逆にいえば、それが口臭の原因を断つ方法として機能していないとするという事。
つまり、効率的な歯磨きができていないということだと言えます。

子供の頃から自己流で歯磨きをしてきた場合、その子供の頃に正しい歯磨きを学んでいない場合は、いくら入念に時間をかけても、実際にはかなり適当に歯を磨いている事となってしまうのです。

 

このおかげで、いくら歯磨きをしても口臭が取れないというケースが多発していると言えます。

 

口臭の原因となる歯垢は、食べ残しが原因となるのです。
これに伴って、歯磨きをして食べ残しを全て口の中からお掃除する事で、口臭の原因を取り除く事ができるのですが、それは実に難しい事でもあると言えます。
たくさんの人が、歯に詰まった食べ残しを取るために、強く力を込めて歯を磨くるそうです。
けれども、それはあまり意味がない行為です。

 

歯磨きは、丁寧さが肝心。

 

一本一本の歯、そして歯と歯の間、歯茎と歯の間を丁寧に磨く事がかかることになります。
さっそく、自分は今歯磨きをどういう風にしているかというチェックをしてみて、どこを改善すべきかを学びた方が良いでしょう。

口臭のしない歯磨きの方法

 

あくまでも、歯磨きでしたら「雑に行わない」という点が重要というわけです。

口臭の原因をしっかりと断つためには、時間をかけて丁寧に行うべきと考えられます。

 

ただ、時間をかければ良いわけでもありません。

 

一つ一つの作業に意味を持たせ、口の隅々まで綺麗にすることが求められます。

歯磨きの磨き方基本!

 

歯磨きを行う際に、まずどういう磨き方をするべきか。
その方法は複数存在します。
分かりやすく言うと、「スクラッピング法」。

 

これは、歯の表面に垂直に歯ブラシを当て、振動させる事で歯の表面を掃除するブラッシング法です
子供は、この磨き方だけで歯磨きを終えるというケースが多いそうです

 

当然、これも重要ですが、これだけだったら意味が無いです。

 

他の方法は?


次に、「バス法」。
歯の根元と歯茎の間に、歯ブラシを45度の角度で当てて、細かく振動させるという磨き方です。

 

歯と歯茎の間には、とっても細かい食べ残しが付着するわけです。
そのため、歯垢の多くは、この部分に発生し、歯石となります。

 

それが悪臭の原因になっているケースが非常に多いのです。

 

歯と歯の間を磨く上では、「ローリング法」が有効です。
歯ブラシを横にして、舌の歯の根元に当てた状態から手首を上に返し、グルリと歯ブラシを回す事で、ブラシを上に跳ね上げ、歯と歯の隙間に押し込む形で磨きます。
こうする事でテコの原理も発生し、それほど力を込めなくても、しっかり歯と歯の間を掃除できます。

 

これらの方法を全てしっかりと丁寧に行う事で、口内の食べ残しはほとんどが除去でき、口臭の元を断つ事ができます。

 

最後に

歯ブラシの使い方はお分かりいただけましたか?
手の届きにくい部分は歯石がたまりやすく、磨けていないと蓄積されていきます。
ですから、日ごろから小まめに磨いていき、予防措置をしましょう。
オススメの口臭ケアランキングはこちらです↓