歯ブラシの選び方はこれ!オススメの歯磨き粉のエアラビ方もあるよ


歯磨きをおこなう上で重要なのは、磨き方だけじゃありません。
歯ブラシや歯磨き粉そのものずばりの選び方も重要だと断言できます。
それ次第で、口臭の原因をより効率よく解決する事が可能だと言えます。

歯ブラシ基本!

普段、何げないように安いものを購入している人が多いだとしても、歯磨きによる口内ケアを完璧に行うためには、それ相応の道具が必要という事です。

 

まず歯ブラシですが、基本的には「ヘッドの大きさ」「ブラシの硬さと毛先」「グリップの長さ」が肝要になってきます。

 

まずヘッドの大きさですが、口の奥に入らないくらい大きいものは良くないです。
ヘッドが大きい方が磨くのに時間が掛からないだというメリットもありますが、デメリットの方が大きいので、素直に標準、または小さめのものをセレクトしてください。

歯ブラシの硬さに注目

ブラシの堅さは、標準、もしくは柔らかめがお勧めできます。
硬めの歯ブラシは、柔軟性、弾力性に欠落しているので、ブラッシングの際にしなりがあまりすることができず、使い勝手が良くないかと思われます。
また、硬いと歯茎を傷めやすく、血が出やすいという難点もあるのです。

 

ブラシの毛先は、細い方がより歯と歯の間に入りやすく、綺麗にしやすいのですが、すぐに開いてしまうという難点もある。
程々の細さの方が長持ちかけやすいですが、ある程度短いサイクルでの買い換えも視野に入れるなら、細いことが大切です。

手で持つ部分に秘密が?!

加えて、意外と重要なのがグリップの長さだと思います。
一見、あまり重要でなどないように思われる部分ですが、グリップが手応えがないと非常に磨き難く、結果としておざなりな歯磨きになり、口臭の原因が放置されたままになる事が少なくありません。
短すぎず、長すぎず、自分の手に合った適度な長さの歯ブラシを見出してください。

歯磨き粉の選び方

歯ブラシとおんなじで、安いもの、よく市場に出回っているものをついつい購入しがちな歯磨き粉。
実は、かなり多くの歯磨き粉が発売されているという事を知らない人も、結構いらっしゃることでしょう。
種類が多いというような事は、当然ながら様々な用途によって使い分けができるようなラインナップになっているだと考えられます。
よって、選ぶ上でも注意が必要という事だということです。

 

口臭の原因を取り除くために歯磨き粉を選ぶ場合は、「医薬部外品」と記されている歯磨き粉を選ぶ方が良いだということですね。
歯磨き粉には、基本成分のみで構成された「化粧品歯磨剤」と、薬効成分を含んだ「医薬部外品歯磨剤」とがあげられます。

 

化粧品歯磨剤の場合、値段は安いっぽい、効力という面ではそれほど高くない商品が大半を占めています。
通常の歯磨きであれば、それでも間違いではありません

 

しかしながら、口臭の原因を除去するという明確な目的がある以上は、それでは物足りないですよね。
薬効成分を含んでいる歯磨き粉であれば、歯垢の除去や臭いの軽減など、様々な効果が発揮されるでしょう。

 

さらに、「医薬品」の歯磨き粉も見受けられる。
非常に強い薬効成分を含んだ商品で、主に歯肉炎や歯周病の治療に使います。

最後に

このおかげで、口臭予防というより、既に口臭で悩んでいる人向けの歯磨き粉といえるだと考えられます。
当然、他の歯磨き粉と比べ、価格は高いです。

 

どの歯磨き粉を選ぶかによって、歯磨きの効率は大きく変わります。
自分が抱えている問題にはどんな歯磨き粉が有効か、成分や効能をしっかりとチェックしてから購入するようにしましょう。