口臭は生活習慣が絡んでいる?!食生活で改善できること!

いくつもの要因はありますが、口臭の原因として多くの人に共通しているのは、やはりお食事です。
人間は、食生活次第で口臭の度合いがかなりかわります。

 

これは、口の中に留まらず、内臓、身体の中全てに関していってもよい事です。
では、どのような食べ物が口臭の原因になりやすいかを検証していきたいと思います。

気を付けておくべきポイントは?

まず、意外に口臭の原因となりが簡単なのが、パンです

 

朝食、昼食にはよく食べられる食品だということですね。

 

パンは食べかすとして残りやすく、また分解、発酵しやすい食品のため、パン自体の臭いとは対照的に、悪臭にかかりやすいのです。

 

その上、こちらは意外でもありませんが、肉類全般をはじめとしたタンパク質の多い食品は、どうしても口臭の原因となりやすくなってしまいます。

 

このおかげで、できれば夕食に限定した方が良いでしょう。

 

外での活動が控えている段階では、あまり問題があります。

食事で見える口臭別!

食事の仕方自体も肝要になってきます。

 

口臭を抑える基本は、空腹時を少なくする事。

 

そういう理由から、朝、昼、夜としっかり三度食事をとるのが効果を見せてくれます。

 

その上、唾液を出す事が重要だと断言できます。

 

唾液は口内を洗浄する働きがあり、細菌の繁殖を防ぎます。

 

そういう理由で、よく噛み、唾液の分泌量を増やせる食事の方が、口臭は出にくいことでしょう。
ご飯はその典型例です。

 

食の欧米化が、口臭の原因の一つになっているだと言えます。

 

また、体調を整える善玉菌を増やす事もプラスに影響します。
魚や野菜は効果的です。
こういうものをしっかりと摂取している人は、口臭で悩む事が少ないかもしれないですね。

口呼吸を改善すること?


口の中の悪臭の原因の一つに、ドライマウスに代表される「乾燥」があられます。
口内が乾くという事は、唾液の量が極端に少ない場合という事です。

 

それ次第で口の中の細菌が繁殖し、口臭の原因となってしまいがちです。

 

ドライマウスの状況を生み出す原因には、「口呼吸」があげられます。
その要因は、かなり前から問題として指摘されていることだと言えますね。

 

人間の主な呼吸方法は、鼻での呼吸、加えて口での呼吸だと考えられます。
いつもなら鼻で、息があがるマラソンなどで疲労困憊の時は口で、という人が多いものではあるのですが、普段から口で呼吸している人も少なくはありません。
こういう人達の中に、口臭で悩んでいる人が多いのです。

 

口呼吸は、口の中を乾燥させる大きな原因となります。
ここの所が慣習化してしまうと、常に口を少し開けたまま過ごす状態がたくさんいます。
すると乾燥状態が当たり前になり、口臭の原因となってしまいがちです。

 

口呼吸は鼻呼吸と比べ、メリットはないかと思われます。

 

鼻呼吸はリラックスした状態でするために自律神経の安定にも繋がり、唾液の分泌を正常化させる結果も期待できます。
当然、口臭もカットできます。

 

口呼吸をやっていると、口臭がするだけでなく、呼吸する度にその臭いを周囲に発散させてしまうことだと言えます。
どちらが良いかは、明らかです。

 

一度口呼吸に慣れてしまうと、鼻呼吸では息苦しく感じてしまいますが、ここは訓練で矯正せざるを得ません。
常にガムを噛むなどして、口を使わずに呼吸する事に慣れるというトレーニングが必要です。

最後に

口臭の臭い匂いはただただ匂うだけではなく、様々な条件に適合すると発せられてしまうことがお分かりいただけと思います。
お金をかけなくても改善できることもありますが、+αで口臭対策商品を購入することをおすすめいたします!