自分の口臭を確認してみよう!でも自分の匂いをわかる方法ってあるの?

自分の事を理解するというものは、簡単なようで、決してハードルが高いです。
自分を俯瞰して観察する事は可能でも、それを実際に他人と同じような見解で見るというのは、実に難しいことだと言えます。

 

人間には「補完」という能力が備わっていると言えます。
そこは、事実をありのまま全て受け入れることはしないで、「自分にとって最も都合の良い」「苦痛の少ない」ように自然と修正してから認識するという能力です。

人間の精神は実は強い!?



それにより、人間は一定の精神状態を保ているのです。

 

口臭でいえば、自分の口の臭いはまさにこれに該当します。
いかなる時も自分の中における臭いは、慣れなければ常に苦痛が避けられません。

 

そのような状態を避けるよう、自分の頭の中で「この臭いはイヤなものではない」といった修正が行われ、その結果、本当に臭わなくなってくるのです。
しかしながら、実際にはその口臭が消えたという結果にはなりません。

 

あくまでも「自覚しなくなるだけ」です。

口臭チェックする方法は?

こういう場合、自分では口臭のチェックがいけませんので、他人に確認してもらうことが求められます。
かと言って、いつどの時間でもいいかというと、そういう理由からもありません。

 

口臭チェックは、朝、昼、夜と何度かに分けて行い、どの時間が臭うかを確認する事で、初めて有効といえるのです。

 

そうしてみる事で、この時間が臭いならこの食事に原因がある…といったように、原因の特定がしやすくつながります。

 

どういうわけか自分だけでチェックしたい場合は、コップに息を溜め、それを嗅ぐなどの方法が有効です。

 

精度はやや欠けますが、ある程度は認識できると思います。

他臭症と自臭症


人間の脳には、様々な機能が備わっていると言えます。

 

単純に、頭で考える事全てが脳の仕事だと言えますが、脳の仕事はそれだけに留まりません。
自分が自覚しない部分においても、非常に多くの役割を脳が受け持ち合わせています。

 

このことは、口臭という分野においても例外だとは言えません。
口臭の原因として、脳が関わってくるケースがあるといえます。

 

そういうのは「他臭症」と「自臭症」です。

 

他臭症は、実際に自分の口内や身体に原因があり、臭いを発している状態です。

 

このポイントだけなら普通の口臭と同じですが、様々な原因によって発せられる他臭症は、その臭いを自覚する事ができません。

 

脳がそれを受けているからです。
口臭の原因にも左右されますが、他臭症の場合、悪臭が常に身体からできあがっています。
そのため、その臭いは永続的に生まれているのです。

 

もしも、それをずっと「悪臭だ」と認識すると、とても生活やってはいけませんね。
それを回避するため、脳が感覚を麻痺させるのです。

 

自臭症を詳しくすると・・・

加えて、自臭症こちらはさらに厄介な問題です。
自臭症は、実は口臭は発生していないと思われます。
にも拘らず、自分の口からは悪臭がしていて、周囲にそれを漂わせている…と思い込んでしまう、いわゆる「精神疾患」の一種です。
そのため、本来ならば口臭のカテゴリーに含まれる性質のものではありません。

 

自臭症は、精神面における疾患という事で、脳が大きく関与しています。
よって、治療の際にはその点をしっかりと意識しなければならないのです。

最後に

このようにならないことを防ぐため口臭ケアは日々努力しながら行っていかなければなりません。
でも、簡単ようで難しいのです。普段のことですから、少し手抜きになってしまったりすることも多くあります。
ですから、これらを踏まえて少しでも改善できるように口臭ケア商品を購入して手助けしてもらった方が良いと思うのです。